MENU

なんだかおかしい?気になる新車の走行距離について

 

新車を購入し納車した後、ふと「走行距離」が気になりませんか?
運転していないのに、メーターが動いている・・・なんてこと。

 

 

新車は誰も運転していない車。
新車ですから《新しい車》です。
それなのに、走行距離が0kmではないということがあります。
もちろん、この走行距離は1台1台異なります。
6kmしか進んでいない車もあれば、30km以上走行している車もあります。
数kmならまだしも、数十kmも走行しているなんて、不審ですよね。

 

 

でも、これにはきちんとした理由があるんです。
新車は、納品される前にディーラーによって点検されます。
この時、どうしても走行してしまうため、
メーターが進んでしまうという事態が発生してしまいます。
車によって走行距離が異なるのは、点検時の走行距離がバラバラなため。
○km走行するという決まりはないため、同じ時期に納品しても、
1台1台走行距離が異なるのでしょう。

 

 

 

ただ、一般的に数十km以上はおかしな話です。
走っても数km程度ですから、前途のように30km以上の走行があった場合は、
ディーラーに問い合わせをしましょう。