MENU

新車を洗車するときに気をつけたいこと

 

新車の洗車って気を使いますよね。

 

少なくとも洗車は仕方によって細かいキズがつきますから、
せっかくの新車を傷つけないためにも、
どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

 

また、新車を洗車するときの《タイミング》とは・・・?

 

 

ポイントは、ボディに水滴がのったときの状態を見ると良いでしょう。

 

水滴が弾く場合は、まだ洗車はしなくても問題ありません。

 

しかし、水滴が弾かなくなった場合、洗車をしたほうが良いですね。

 

水滴が弾かないということは、コーティングが取れ汚れてきた証拠。

 

しっかり洗車をし、ワックスがけをしてピカピカにしてあげましょう。

 

 

できれば、手洗いのほうがキズの面など安心ですね。

 

ついつい洗車機に頼りがちですが、洗車機は細かいキズがつきやすいので、NG。

 

もちろん手洗いでも乱暴に洗うと、キズの原因になりますので気を付けましょう。

 

 

 

洗車時のポイントは、

 

1)手で洗うこと

 

使用するタオルやスポンジを綺麗にし、シャンプーを泡立てます。

 

タオルやスポンジにゴミがついていると、ボディを傷つける原因になります。

 

 

2)圧水で洗い流す

 

水を勢い良く流し、表面についた汚れを取り除きます。

 

水の向きは、上から下がポイントです。

 

 

3)泡を使った洗う

 

1で泡立てたシャンプーの泡を使って円を描くように洗っていきます。

 

上から下、前から後ろと丁寧に時間をかけて洗いましょう。

 

間違っても、ゴシゴシ力を込めて洗わないこと。