MENU

新車のボディコートってどんなもの?必要?

 

新車にはボディコートというものがあります。

 

ボディコートとは、
車の外装を特殊な塗装でコーティングするもの。

 

ボディコートをすることで、ボディに光沢感が出たり、
ツヤが出たり、さらには塗装を保護してくれます。

 

また、変色を防止してくれる効果もあり、
「それなら・・・」と、
ボディコートをされる方も少なくないのではないでしょうか?

 

 

でも、お店の方に言われるまでは、
ボディコートについて知っている方はそれほど多くないと思います。

 

説明をされても、
「いまいちよく分からないな」という方がほとんどでは?

 

ここでは、そんな新車のボディコートについて説明したいと思います。

 

 

 

まず、ボディコートには大きく2種類あります。

 

 

●ポリマー系
●ガラス系

 

 

ポリマー系は一般的なボディコートで、
自分でもメンテナンスできるのが特徴です。

 

価格も安いものが多く、
新車ディーラーでもやる場合がります。

 

ガラス系は、メンテナンスに専門店を利用しなければいけません。

 

価格も高く、新車ディーラーでもあまり行いません。

 

 

ボディコートは、
利用したから常に新車のツヤを
維持できるわけではないので、注意が必要です。

 

メンテナンスをしないことには、
ポリマー系でもガラス系でも、
光沢感・ツヤなど良い状態を維持することは難しいでしょう。