MENU

カーナビは新車を購入したときにつけるべきか?

 

カーナビって便利ですよね。

 

初めて通る道も、カーナビがあれば、
スムースに運転をすることができます。

 

稀にカーナビを使っても迷うときはありますが・・・。

 

それでも、カーナビがあると、とても便利です。

 

 

さて、新車を購入したときのカーナビについてですが、
メーカーオプションと純正があります。

 

オプションでついている場合は良いですが、
ついていない場合は社外品をつけなければいけません。

 

 

この純正カーナビと社外品カーナビでは、
メリットがまったく異なります。

 

純正品の場合は、保証期間が長く、
もともとついているということもあり、収納状態も良いでしょう。

 

 

 

一方で社外品の場合は、
価格が安いことと高性能なものが多いという点です。

 

純正品は、決して性能が勝っているわけではありません。

 

なかには、社外品のほうが性能が良い場合があります。

 

 

しかし、デメリットを比べてみると、違いは一目瞭然。

 

純正品の場合、走行中のTVが見られなかったり、
乗り換え時には使えない、
種類選択が少ないなどが挙げられます。

 

 

社外品の場合は、保証期間の短さや工賃が高めなど。

 

車上荒らしに遭いやすいのも、
社外品カーナビのデメリットになるでしょう。

 

 

 

今の時代カーナビはつけたほうが良いですが、
純正品か社外品かは、自分の条件と合わせて考えましょう。